日本アプリケーション開発が提供するソフト5選。

エクセルカードHARI

汎用的な顧客管理ソフト。

メリット:Excelの機能が使える。一括印刷ができる。必要な項目だけの一覧表作成ができる。出力シートのレイアウトを自分で作成できる。データリンクを編集できる。

デメリット:Excelを使い慣れていない場合に、わかりにくい。データシートが触れることで、概念がわかりにくい。自由にデータリンク編集できるので、関連性を理解していないユーザーが、リンクを編集する恐れがある。ただし、この問題はロック設定により回避できる。

ダウンロードページ

エクセル伝票GANE

入力フォームが伝票形式のデータ管理ソフト。請求書・領収書の発行作業が効率化。

メリット:同じデータの2度入力が無くなる。出力シートのレイアウトを自由に編集・作成できる。Excelの機能が使える。動作環境がExcelなので、Accessと比較すると手軽に始めることができる。

デメリット:Excelは、データベース管理ソフトではないため、Access等と比較すると、処理が遅い。

カードボックスBARI

汎用的な顧客管理ソフト。

メリット:データ検索に優れている。

デメリット:Accessの環境を準備する必要がある。(この問題は、Runtime版をインストールすることで解消されます。ただし、Runtime版では、デザインモードによるフォームの編集はできません。)Accessを使い慣れていない場合、変更するのが難しい。

伝票ボックスKATA

伝票業務をデータベース管理するソフト。

メリット:本格的な業務システム。検索に優れている。

デメリット:Excelでできるような簡単な作業の場合、コストパフォーマンスに劣る。

エクセルツールOTO

数百~数万のデータを各カテゴリーごとに分け、ファイル化するソフト。

メリット:手作業では、数時間かかる作業を数分で行える。

デメリット:汎用性がないため、目的と合わない場合、使えない。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です