エクセルカードHARIとは。データの入力と保存と出力。

エクセルカードHARIとは、Excelを使った顧客データ管理ツールです。

数千件程度のデータなら、エクセルを使って十分なデータ管理を行えます。
初めてデータ管理をする場合、小規模なデータ管理をする場合、あまり費用をかけたくない場合は、Excelでデータ管理することから始めてみてはいかがでしょうか。

データ管理の基本は、

    • データの入力
    • データの保存
    • データの出力

の3つです。

必要なデータを様々な項目で管理/入力し、貯蓄しておき、必要に応じてデータを取り出せるようにしておくと便利です。

では、エクセルカードHARIを使うとどんなことが出来るのでしょうか。

データの入力がかんたん。

好きな項目を設定するだけで、データ入力を開始できます。
hari11
hari12

出力帳票をかんたんに作れる。エクセルで追加作成できる。

保存されたデータの中から、必要なデータを取り出し、様々なレイアウトに挿入できます。
同じデータを2度入力することが無くなり、効率が上がります。
例えば、はがきに必要なデータは宛名と住所です。
hari13
ある1人の人物の全データを1シートに出力。hari14
一枚の紙に数件のデータを差し込み、タックシールやラベルの作成を行えます。hari15
座席表などのレイアウトにも。
hari16

一括印刷ができる。

選択したデータのみを連続印刷できます。hari17

一覧表作成がかんたん。

必要な項目だけを選択し、一覧表を作成。hari18
電話番号一覧や住所一覧だけでなく、必要に応じて項目を選択できます。
hari19
エクセルカードHARIを使えば、入力画面や出力シートを自由にカスタマイズできます。
hari20
エクセルカードHARI

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です