再び最大級の太陽フレア 衝撃波到達、磁場に乱れ

再び最大級の太陽フレア 【ワシントン共同】米航空宇宙局(NASA)は、米東部時間7日午前10時半(日本時間7日午後11時半)ごろ、太陽表面で再び最大級の爆発現象「フレア」が発生したのを観測したと発表した。 情報通信研究機構は…

NASの時刻が狂ったのはこのせいか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年9月8日