恐るべき「イートイン」大戦争、惣菜が日本の外食を大きく塗り替える

いま、弁当やおにぎり、サンドイッチなど「惣菜を制する者が、小売業界を制する」と言われている。惣菜市場は近年、外食産業をはるかに超える成長ぶりを見せており、2017年には10兆円を超える見込みだ。その売上を伸ばすためにコンビニやスーパーは、惣菜を店内で食べられる「イートインコーナー」を増設する動きを積極化させている。こうしたことから惣菜の新製品開発競争は激しさを増しており、味の面で外食産業は太…

メディアになったり居酒屋になったり時代に応じてアプデするコンビニ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年7月10日