日本アプリケーション開発が提供するソフト5選。

エクセルカードHARI

汎用的な顧客管理ソフト。

メリット:Excelの機能が使える。一括印刷ができる。必要な項目だけの一覧表作成ができる。出力シートのレイアウトを自分で作成できる。データリンクを編集できる。

デメリット:Excelを使い慣れていない場合に、わかりにくい。データシートが触れることで、概念がわかりにくい。自由にデータリンク編集できるので、関連性を理解していないユーザーが、リンクを編集する恐れがある。ただし、この問題はロック設定により回避できる。

ダウンロードページ

エクセル伝票GANE

入力フォームが伝票形式のデータ管理ソフト。請求書・領収書の発行作業が効率化。

メリット:同じデータの2度入力が無くなる。出力シートのレイアウトを自由に編集・作成できる。Excelの機能が使える。動作環境がExcelなので、Accessと比較すると手軽に始めることができる。

デメリット:Excelは、データベース管理ソフトではないため、Access等と比較すると、処理が遅い。

カードボックスBARI

汎用的な顧客管理ソフト。

メリット:データ検索に優れている。

デメリット:Accessの環境を準備する必要がある。(この問題は、Runtime版をインストールすることで解消されます。ただし、Runtime版では、デザインモードによるフォームの編集はできません。)Accessを使い慣れていない場合、変更するのが難しい。

伝票ボックスKATA

伝票業務をデータベース管理するソフト。

メリット:本格的な業務システム。検索に優れている。

デメリット:Excelでできるような簡単な作業の場合、コストパフォーマンスに劣る。

エクセルツールOTO

数百~数万のデータを各カテゴリーごとに分け、ファイル化するソフト。

メリット:手作業では、数時間かかる作業を数分で行える。

デメリット:汎用性がないため、目的と合わない場合、使えない。

ライセンス移設手続きについて

平素より、弊社プログラムをご利用頂き誠にありがとうございます。

弊社プログラムはパソコンごとにライセンスが必要になるため、別のパソコンでプログラムを使うには、「ライセンス移設手続き」が必要になります。

移設手続きの手順は、以下をご参考下さい。
ライセンス移設3
ライセンス移設4

エクセル伝票:項目数が多い場合はExcelでなくAccessをご利用下さい。

伝票印刷ソフト「エクセル伝票」に関しまして。

「エクセル伝票」は、ユーザー様に身近なエクセルを利用する事で、見積書や納品書などの伝票を手軽に印刷できるソフトです。
エクセルを使ってデータベース管理し、データ入力をフォーム入力で行うことができます。
このソフトを使えば、エクセルシートに毎回手入力して伝票を作成するのでなく、データをきちんと整理してエクセルを扱えるようになります。

しかし、エクセルでデータベース管理するには、やはり限界があります。

例えば、管理する項目が多い場合は、エクセルを利用するよりアクセスを利用した方が開発コストは安くなります。

その最大の理由は、エクセルのフォーム入力ではデータの一部をスクロールすることができないからです。
エクセルの欠点を補うために、エクセルで無理にプログラムを組むより、データベース管理が得意なアクセスを利用する方が、プログラムを組む際の開発コストを抑える事ができるという事です。

伝票サンプル、項目数が多い場合

上の例の場合では、項目数は約200項目必要になります。
(11+150+20=181)

エクセル,フォーム入力,スクロール

エクセルのフォーム入力の場合、データの一部をスクロールすることはできないため、データの一覧を見る場合などに使いづらくなってしまいます。

また、後々項目数が増えるなどの変更を行う際にもAccessでデータ管理していた方が、変更を加えたり行挿入が効率的に行えます。

作業予定表をエクセルで作成!~高圧洗浄業者の場合~

作業予定表のサンプル

作業予定表,エクセルシート

エクセルでデータを管理するのに困っていませんか?

もちろん、データの管理はデータベース管理ソフトを使ったり、専門業種に合わせたシステムを開発するのがいちばんですが、その場合開発費用が高い場合がほとんどです。

しかし、エクセルを使えば開発コストが抑えられ、小さなシステムから手軽に始めてみることができます。

エクセルカードHARIを使えば、エクセルでもデータベース管理することができます。

そして、その管理する項目は、業種に合わせた項目でデータ管理することができるのです。

今回は、高圧洗浄業者の場合のサンプル資料を掲載しています。(上の画像)

管理資料は、各業種によって様々です。同じ業種でも、全く同じ資料を扱っているという事はなかなかないでしょう。

ですから、各業者様に合わせた専用のシステムを作るには、業務でお使いの資料をお見せいただくことが、最もスムーズにシステムを開発することができます。

システムには、コストがかかる複雑なシステムから、比較的コストかからない小さなツールまで様々です。

お客様の予算に合わせて、ご要望の内容が自動化・効率化できるようにご提案致します。

日本アプリケーション開発.LLP
お問合せhttp://www.japan55.com/toiawase.aspx

運用番号とは?

運用番号とは、プログラムの動作期間を延長するための番号です。

運用番号を取得するには、ユーザー登録が必要になります。

ユーザー情報をご登録頂きますと、自動返信メールにより運用番号を発行致します。

プログラム起動時の画面に運用番号をご登録ください。

ユーザー登録時に、パソコンIDをご入力頂きますと、運用番号が発行されます。

ユーザー登録時に、パソコンIDをご入力頂きますと、運用番号が発行されます。